本文へ移動

給付と掛金

老齢給付金

終身年金

 終身年金は、支給開始年齢から亡くなるまで、生涯にわたって年金が受け取れます。
                   
国の厚生年金保険・国民年金
<ポイント>
○国の年金は終身年金
○老後の収入のメイン
○生きている間ずっと受け取れるので安心
 
基金の第一標準年金・第二標準年金
<ポイント>
○基金の年金は15年保証期間付き終身年金
○公的年金に上乗せして生活費の足しに
○生きている間ずっと受け取れるので安心
 
 15年保証期間付き終身年金:保証期間とは、
 生死にかかわらず給付が受け取れる期間のことです。
 保証期間内に亡くなった場合、
 遺族の方が残余保証期間に応じ一時金を受け取れます。

脱退一時金

 加入期間等に応じ、退職時に脱退一時金として受け取る方法です。
 また、年金の支給開始から原則5年を経過すると、残りの期間分を一時金として受け取ることができます。
                   
<ポイント>
○退職日の翌日から1年以内を期限として、脱退一時金相当額を他制度へ移管(年金のポータビリティ)ができます。
 (移管先)
 ・企業年金連合会へ移管
 ・再就職先の存続厚生年金基金へ移管
 ・再就職先の確定給付企業年金へ移管
 ・再就職先の企業型確定拠出年金へ移管
 ・個人型確定拠出年金(国民年金基金連合会)へ移管
○住宅ローンの繰り上げ返済などに

愛媛県機械金属工業企業年金基金の年金・一時金

遺族給付金

 受給資格(一時金)
・老齢給付金の受給者で、支給開始後15年を経過していない者が死亡したとき。
・加入者機関が3年以上である加入者が死亡又は加入者期間が10年以上の加入者であった者で支給の繰下げの申出をしている者が死亡したとき。
 標準的な給付設計
(年 金)なし。
(一時金)死亡した日における老齢給付金の一時金の額又は死亡した日における脱退一時金の額と同じ。

掛金

項  目
制        度
備      考
標準掛金率
・第1年金:1.1%
・第2年金:0.2%
将来期間の給付に要する費用に充てるために、将来にわたって平準的に拠出するように定められた掛金です。
特別掛金率
1.0%
過去勤務債務償却のための掛金です。
掛金拠出回数
・標準掛金:年12回(毎月)払い
・特別掛金:年12回(毎月)払い
掛金拠出基準日
毎月、末日現在の標準給与に基づく掛金を、翌月末日までに拠出
標準給与
厚生年金保険法第20条に規定する「標準報酬月額」
掛金の端数処理
円未満切捨て
項  目
制          度
備        考
事務費掛金
標準給与 × 0.3%
事務局の運営費です。
福祉事業
有り(慶弔金の支給)
延滞金
納付期限までに掛金を納付しない事業所には、督促を行い、延滞損害金を徴収する。
愛媛県機械金属工業企業年金基金
〒790-0001
愛媛県松山市一番町四丁目1番地1
大樹生命松山ビル7階
TEL.089-932-3551
FAX.089-932-3532
TOPへ戻る